Windows 10 のエディション選択方式 USBメモリ 作成方法

こんにちは、しーるです。

最新版の Windows10 の ISO から USBディスク を作成します。

インストール時に Home や Pro 等を選択できるように、ちょっとした仕掛けを作ります。

まずUSBメモリは8GBのものを用意します。

インストール後に利用するアプリも同梱するのでしたら、それに見合う容量を準備します。


最初に時間のかかるWindows10 ISOイメージファイルをダウンロードします。

・Windows10 ISOイメージ (容量 : 6.83 GB (7,343,767,552 バイト))

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

「ツールを今すぐダウンロード」 から 「MediaCreationTool.exe」 を実行します。

  pic_5

  pic_6

  pic_7

  pic_8

  pic_9

アーキテクチャについては必要なものを選択してください。汎用性を持たすのでしたら「両方」にします。

  pic_10

  pic_11

ISOについては適当な場所へ保存してください。作成するUSBドライブには保存しないようにしましょう。

  pic_12

  pic_15

これで完了です。


次にUSBメモリへ書き込むツールをインストールします。

・Windows USB/DVD Download Tool – 日本語

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=56485

特段難しいことはないので、インストールします。

  pic_3

  pic

  pic_1

  pic_2


Windows10 をインストールするUSBメモリをパソコンに刺します。

その後、Windows USB/DVD Download Tool を起動します。

  pic_14

ダウンロードした Windows10 の ISOイメージを「Browse」から選択します。

  pic_15

ここで「USB Device」を選択します。

  pic_16

Windows10 用のUSBメモリを選択し「Begin copying」をクリックします。

  pic_17

「Erase USB Device」をクリックし、完了するまで待ちます。

USBメモリの中身は全て削除されるので、必要なものがある場合は退避させておきましょう。


Windows10 をインストール時にエディションを選択できるように細工をします。

Windows10 を展開した インストール用USBメモリを開きます。

フォルダ「sources」を開きます。

  pic_18

  pic_19

フォルダ「sources」の中に「EI.cfg」というテキストファイルを作成します。

メモ帳などで作成してファイル名を変更するレベルです。

内容は下記内容です。

  pic_20

ファイル名 : EI.cfg

内容 :

[EditionID]
[Channel]
Retail
[VL]
0

不要なスペースや改行などは入れません。

このファイルを作成することで目的達成です。


余談ですが、インストール時にライセンスキーを聞かれます。

同じキーなので入力をしましょうと解説しているサイトがありますが、あとで入力するで問題ありません。

スキップしましょう。

認証済みパソコンでしたら、起動後インターネットへ接続し自動で認証が完了します。

あとは新しいバージョンが出たら、新しいもので再作成をすることをおすすめします。

旧バージョンでインストールするとアップグレードで1~4時間はかかります。

時間についてはネット回線スピードやパソコンスペックに左右されるので、目安です。

以上

スポンサーリンク