Windows10 の WindowsUpdate を停止や遅延させる方法

こんにちは、しーるです。

最近新しいところで、別会社の旧システムがWindowsUpdateで動かなくなる事案が発生しました。

そのため簡単かつ迅速にWindowsUpdateを止める方法を紹介します。

レジストリを触るので、自信の無い方はやめておきましょう。

と言いたいところですが、コマンド化するのでコピペ作業となるのでハードルは低いかと思います。


1. グループポリシーオブジェクト(gpedit.msc)を利用します。

階層は下記のとおりです。

コンピューターの構成→管理用テンプレート→Windows コンポーネント→Windows Update→Windows Update for Business

2. 遅延処理をする場合

「品質更新プログラムをいつ受信するかを選択してください」→有効

「品質更新プログラムがリリースされた後、受信を延期する日数」の項目に「0~30」を入力します。30とかで良いかと思います。

3.自動更新しない場合

「自動更新を構成する」→無効

4.コマンドプロンプトより即時反映させます。

gpupdate /force


レジストリを変更して適用します。

レジストリエディタは面倒なので、下記項目をコマンドプロンプトかPowerShellからコピペします。

もちろんコマンドプロンプト等は「管理者として実行」します。

適用後はパソコンの再起動が必須となります。

各それぞれ一行で入力します。

1. 「Windows Update」の自動更新を無効にする

2. 「Windows Update」の自動更新を有効にする

3. 「Windows Update」の自動更新を手動更新にする

4. 「Windows Update」の自動更新を既定値にする


スポンサーリンク