Exchange Server の Autodiscover 証明書エラーの回避方法

こんにちは、しーるです。

Outlook を自動で設定する際に、ルート証明機関に Autodiscover.(domainname).co.jp を追加しないといけません。

それも https で構成が必須となっています。

最近では Exchange をローカルに展開するというところも少なくなってきていますが、最小構成で構築をすると証明書が面倒です。

ActiveDirectory などで下記レジストリを配布すると、Autodiscover の証明書エラーを回避出来ます。

1.キーを作成します。

レジストリーキー

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\AutoDiscover\RedirectServers

たぶん「\AutoDiscover\RedirectServers」ここはフォルダが無いので作成します。

※「新規」 → 「キー」

※Xxは

12.0 → Outlook 2007

14.0 → Outlook 2010

15.0 → Outlook 2013

16.0 → Office 365 と Outlook 2016、 Outlook 2019

2.ドメインを登録します。

「RedirectServers」 の中に 「新規」 → 「文字列値」 を作成します。

この文字列にエラーを回避したい AutoDiscover のアドレスを記載します。

例)

autodiscover.alt.st

記載が完了すると即時反映しますので、再起動などは不要です。

スポンサーリンク